お知らせ

お知らせ

【当院監修】鳥専用COSMOS LACT販売開始のお知らせNEW!

【非常に重要】鳥ボルナウイルス検査開始のお知しらせ

病因論と健康論

なぜあなたの鳥は太ってしまうのか?

病院HP:http://www.avianmedicine.jp/
病院Facebookページ:https://www.facebook.com/yokohamabirdclinic
Birds' Grooming Shop HP:http://www.birdsgrooming-shop.jp/
通販サイト:Birds' Grooming Shop
Birds' Grooming Diary:Birds' Grooming Diary
ショップFacebookページ:https://www.facebook.com/birdsgroomingshop
テーマ: 小鳥大好き | ジャンル: ペット

つくしちゃん@ブンチョウ

手術を受けたブンチョウのつくしちゃんのご紹介です。

つくしちゃんは、2歳4ヶ月の女の子です。卵が詰まっているかもしれないとのことで来院しました。診てみると、お腹に卵があるのが見つかり、同時に上腹部に大豆大のしこりが触りました。停滞している卵を圧迫排出し休ませたところ、息み出して小さな殻の無い卵ごと卵管が出てきてしまいました。お腹に触った大豆大のしこりは、殻の無い卵でした。この卵を取り出そうと試みましたが、卵管深くに包まれた状態のため、取り出すことは出来ませんでした。また卵管を押し戻すことも出来ないため、緊急手術を行なうことになりました。

手術は、まず脱出した卵管を切開し、小さい卵を取り出しました。次に卵管をお腹の中に戻し、お腹を逆L字切開して開腹しました。そして卵管を摘出して、手術は無事成功しました

DSC05432.jpg

退院時のちゃんです。お腹が楽になって良かったね卵巣は残っていますので、今後も発情します。生活に気をつけていきましょう
テーマ: 小鳥大好き | ジャンル: ペット

メイちゃん@セキセイインコ

手術を受けたセキセイインコのメイちゃんのご紹介です。

メイちゃんは、7歳2ヶ月の女の子です。以前から排泄孔尾側にヘルニアがありましたが、最近になって齧るようになってきたため、手術を行なうことになりました。

手術は、まずヘルニア部分の皮膚を切開し、次にヘルニア嚢を切開して内部を確認しました。腸が脱出していたため、お腹の中に戻しました。次にキサントーマ化した余分な皮膚を整形して縫合し、手術は無事成功しました

DSC05441.jpg

退院時のメイちゃんです。ヘルニアが治って良かったね今後も発情しないよう、生活に気をつけていきましょう
テーマ: 小鳥大好き | ジャンル: ペット