ピコちゃん@セキセイインコ

手術を受けたセキセイインコのピコちゃんのご紹介です。

ピコちゃんは、6歳10ヶ月の女の子です。3月にお腹が張ってきたため、専門病院で診察を受けたところ、ヘルニアと診断されました。手術は勧められず、リュープリンで発情抑制して経過を見ていたところ、お腹の皮膚を齧りだしてしまったとのことで来院しました。診てみると腹壁ヘルニアを起こしており、キサントーマ化した皮膚を自咬していました。ヘルニアを治すため、手術を行なうことになりました。

手術は、まずお腹の皮膚をX字切開して剥離しました。次にヘルニア嚢を切開してヘルニア内を確認したところ、腸の一部とクロアカが脱出していました。卵管は発達していなかったため摘出せず、脱出した臓器をお腹の中に戻してヘルニア輪を縫合しました。自咬して分厚くなった皮膚を切除して縫合し、手術は無事成功しました

DSC09222.jpg

退院時のピコちゃんです。お腹が戻って良かったね今後は食事量の調整をして、発情しないよう生活に気をつけていきましょう
テーマ: 小鳥大好き | ジャンル: ペット

ふうちゃん@オカメインコ

手術を受けたセオカメインコのふうちゃんのご紹介です。

ふうちゃんは、10歳6ヶ月の女の子です。1週間前から徐々に動きが悪くなり、本日から元気が無いとのことで来院しました。診てみるとお腹が張っており、尿酸が緑色になっていました。超音波検査では、卵管内に卵材の停滞も見つかりました。卵材性腹膜炎を疑い、手術を行なうことになりました。

手術は、まずお腹を逆L字切開して開腹しました。次に卵材が停滞している部分を切開し、取り出しました。そして卵管を摘出し、お腹の中をよく洗浄して閉腹し、手術は無事成功しました

DSC09160.jpg

退院時のふうちゃんです。お腹が楽になって良かったね今後も発情しないよう生活に気をつけていきましょう
テーマ: 小鳥大好き | ジャンル: ペット

ボンちゃん@セキセイインコ

手術を受けたセキセイインコのボンちゃんのご紹介です。

ボンちゃんは、8歳10ヶ月の女の子です。尾脂腺にしこりがあることに昨日気がついたとのことで来院しました。診てみると、尾脂腺に親指頭大のしこりができていました。尾脂腺腫瘍を疑い、手術で取ることになりました。

手術は、尾脂腺周囲の皮膚を電気メスで切開し、次に電気メスとレーザーメスを使って尾脂腺を剥離して摘出しました。傷の縫合はできないため、創傷被覆剤を当ててテーピングをし、無事手術は成功しました

DSC09016.jpg

退院時のボンちゃんです。しこりが取れて良かったね傷が治るまで、安静にしててくださいね
テーマ: 小鳥大好き | ジャンル: ペット