すうちゃん@オカメインコ

手術を受けたオカメインコのすうちゃんのご紹介です。

すうちゃんは、7歳7ヶ月の女の子です。1ヶ月くらい前から食欲元気がなくなり、吐き気があるため、近くの鳥の病院にてレントゲン検査をしてもらったところ、腸管結石と診断されました。手術が必要なため、当院を紹介され来院しました。

レントゲン写真を持ってきてもらったので見たところ、腸管内と思われるところに細長い陰影が写っていました。

IMG_2891.jpg

コチラがすうちゃんのレントゲン写真です。左の下腹部に白い陰影が確認できます。造影剤を飲ませた写真もありましたが、はっきりと診断できないため、CT撮影を行なったところ、空腸内に欠結石があることが確認できたため、手術で取り除くことになりました。

手術は、まずお腹を切って結石が停滞している空腸を体の外に出しました。次に腸管を炭酸ガスレーザーメスを使って横切開し、内部の結石を取り除きました。切開した腸管は、吸収糸を用いて縫合し、手術は無事成功しました

IMG_2807.jpg

コチラが摘出した腸管結石です。まるで金属片のようですね

IMG_2897.jpg

退院時のすうちゃんです。結石が取れてよかったね腸が通過するようになったので、すっかり元気になりました。これからはペレット中心の食生活にして、青菜を与えすぎないようにしてきましょう

[2014年6月29日(日)]
テーマ: 小鳥大好き | ジャンル: ペット