ポポッチちゃん@オカメインコ

手術を受けたオカメインコのポポッチちゃんのご紹介です。

ポポッチちゃんは、11歳11ヶ月の女の子です。4,5ヶ月前からお腹が大きいとのことで来院しました。診てみると、お腹がかなり張っており、水が溜まっていました。レントゲン検査と超音波検査の結果、卵巣腫瘍の疑いがあるため、手術で治すことになりました。

手術は、お腹の皮膚と腹筋を切開して、嚢胞を確認しました。次に嚢胞内の水を注射器で約20ml吸引しました。そして卵巣から伸びる靭帯に止血クリップを掛けて、レーザーメスで切断し、腫瘍を切除しました。その後お腹を縫合し、手術は無事成功しました

IMG_6106.jpg

退院時のポポッチちゃんです。お腹が楽になって良かったね腫瘍は取れましたが、今後の経過を気をつけてみていきましょう

[2014年11月25日(火)]
テーマ: 小鳥大好き | ジャンル: ペット