あおちゃん@セキセイインコ

手術を受けたセキセイインコのあおちゃんのご紹介です。

あおちゃんは、10歳11ヶ月の男の子です。足環が食い込んで腫れたため、近医を受診したところ、処置時に出血したが、出血が止まらないとのことで来院しました。診てみると左脚が既に壊死しており、処置をした部分から出血が続いて貧血していました。脚は治すことができないため、断脚術を行なうことになりました。

貧血があるため、手術前に輸血を行ないました。手術は、左脚の脛部周囲の皮膚を電気メスで切開し、次に半導体レーザーメスで筋肉を凝固切断し、骨を露出させました。骨は炭酸ガスレーザーメスで切断し、骨の断端を筋肉で包むように縫合しました。その後皮膚を縫合し、手術は無事成功しました

IMG_6630.jpg

退院時のあおちゃんです。手術が間に合って良かったねもう少し遅れていたら、貧血で命を落としていたかもしれません。足環は、フィンチ用の塩ビ製の物を使っていました。これはセキセイインコには小さいので、サイズが合わずにうっ血してしまったと考えられます。サイズが合わないものは、使わないようにしましょう

[2015年1月4日(日)]
テーマ: 小鳥大好き | ジャンル: ペット