もるーちゃん@モルモット

手術を受けたモルモットのもるーちゃんのご紹介です。

もるーちゃんは、4歳8ヶ月齢の女の子です。食欲が低下して、便が小さくなったため、近医を受診したところ、検査によりお腹の中にしこりがあるとのことで、紹介され来院しました。診てみると、お腹の中にこぶし大の巨大なしこりができていました。卵巣または子宮腫瘍を疑い、手術で取ることになりました。

手術は、お腹を切ったところ、子宮体部内壁にできた腫瘍であることが分かりました。まず左右の卵巣靭帯から子宮間膜
をレーザーメスを用いて切断しました。次に子宮体部を結紮しようとしましたが、膀胱の背側まで膨大していたため、子宮体部を切開し、内部の腫瘍を移動させて子宮体部を結紮しました。その後お腹を縫合して、無事手術は成功しました

IMG_7069.jpg

退院時のもるーちゃんです。しこりが取れて良かったねお腹がすっきりしたので、食欲が早めに戻ると良いですね

[2015年1月26日(月)]
テーマ: 小鳥大好き | ジャンル: ペット