クララちゃん@オカメインコ

手術を受けたオカメインコのクララちゃんのご紹介です。

クララちゃんは、10歳6ヶ月の女の子です。以前より右肩付近の自咬症があり、自咬部分が盛り上がって出血するとのことで来院しました。診てみると、右肩から腋窩にかけて皮膚が肉芽状に盛り上がっており、漿液が固まって付着していました。齧れないようにエリザベスカラーをして経過を見ましたが、全く改善しないため、肉芽状になった皮膚を切除する手術をすることになりました。

手術は、肉芽周囲の皮膚を電気メスで切開して、剥離をして全て切除しました。鳥の皮膚は伸びないため、周囲の皮膚を寄せられる分だけ縫合し、皮膚が足りない部分は、カサブタを形成させて治すことにしました。

IMG_7222.jpg

退院時のクララちゃんです。悪いところが取れてよかったね傷が治るのに少し時間がかかると思いますが、それまで安静にしてて下さいね

[2015年1月30日(金)]
テーマ: 小鳥大好き | ジャンル: ペット