プラタちゃん@オカメインコ

手術を受けたオカメインコのプラタちゃんのご紹介です。

プラタちゃんは、13歳3ヶ月の男の子です。健康診断に来た際に、お腹が大きいのが見つかりました。レントゲン検査と超音波検査をしたところ、精巣腫瘍であることが分かりました。精巣には液体が貯留しており、嚢胞型であることが分かりました。飼い主さんと相談し、取れるかどうか見るため、手術を行なうことになりました。

手術は、お腹をT字切開にて開腹しました。精巣を確認したところ、左側が腫瘍化し、嚢胞ができていました。嚢胞内の液体を除去し、取れるかどうか見たところ、背中側に癒着があり、全部取りきれないと判断しました。そこで靭帯に止血クリップを掛けて、できるだけ腫瘍を取り除き、手術終了としました。<

IMG_8130.jpg

退院時のプラタちゃんです。お腹が楽になったので、すっかり元気になりました今回は、腫瘍を全て取れませんでしたが、延命効果は期待できます。少しでも長く一緒に過ごせるよう、経過を見ていきましょう

[2015年3月22日(日)]
テーマ: 小鳥大好き | ジャンル: ペット