りんちゃん@オカメインコ

手術を受けたオカメインコのりんちゃんのご紹介です。

りんちゃんは、12歳5ヶ月の女の子です。1週間前に腹部膨大に気づき来院しました。診てみると、お腹に腹壁ヘルニアができており、全身の羽毛が黄色に変色していました。血液検査をしたところ、肝機能低下が見られたため、まず身体の状態を改善させてから手術を行なうことにしました。しかし日を追うごとにヘルニアがどんどん大きくなり、元気がなくなってきてしまったため、手術を行なうことになりました。

手術は、まずヘルニア部分の皮膚を切開し、次にヘルニア嚢を切開したところ、多量の腹水が溜まっていました。腹水を除去したところ、ヘルニア内に脱出した卵管内に多量の卵材が溜まっていました。卵管を切開して卵材を除去し、卵管を摘出しました。そして脱出した腸をお腹の中に戻して、断裂した腹筋を縫合し、皮膚を整形して、手術は無事成功しました

IMG_8866_20150501135910316.jpg

退院時のりんちゃんです。お腹がすっきりして良かったね今後は、黄色羽毛の治療をしていきましょう

[2015年4月29日(水)]
テーマ: 小鳥大好き | ジャンル: ペット