ピーちゃん@セキセイインコ

手術を受けたセキセイインコのピーちゃんのご紹介です。

ピーちゃんは、3歳4ヶ月の女の子です。2ヶ月前からお腹が大きいとのことで来院しました。診てみるとお腹に腹壁ヘルニアができており、卵管内には卵材が大量に入っていました。腹壁ヘルニアと卵管蓄卵材症の併発と診断し、手術を行なうことになりました。

手術は、まずお腹の皮膚をX字切開して、剥離しました。次にヘルニア嚢を切開し、卵管を露出しました。卵管を切開し、内部の卵材を摘出した後、卵管を摘出しました。そしてヘルニアを整形し、無事手術は成功しました

IMG_1099.jpg

退院時のピーちゃんです。お腹がペッタンコに戻って良かったね今後は食事制限を行い、可愛がり過ぎないよう気をつけてくださいね

[2015年8月10日(月)]
テーマ: 小鳥大好き | ジャンル: ペット