あさひちゃん@セキセイインコ

手術を受けたセキセイインコのあさひちゃんのご紹介です。

あさひちゃんは、7歳1ヶ月の女の子です。他院にて卵詰まりと診断され来院しました。診てみるとお腹に卵が入っており、お腹が緩んで膨大していました。卵を圧迫しましたが、産道が開く様子がないため、出せない位置にあると判断し、手術を取り出すことになりました。またお腹の緩みがあるので、ヘルニアも疑い手術を行ないました。

手術は、まずお腹の皮膚をX字切開して剥離したところ、腹筋があるため、ヘルニアではないことが分かりましたが、腹筋がかなり薄くなっていました。腹筋は逆L字切開を行い、腹腔内を確認したところ、卵材が漏れてドロドロになっていました。腹腔内を洗浄し、卵がある部分の卵管を切開して卵を取り出しました。次に卵管を摘出し、腹筋を縫合しました。そして皮膚を整形し、無事手術は成功しました

IMG_1451.jpg

退院時のあさひちゃんです。卵が取れて良かったね腹筋が薄くなっているので、今後発情を繰り返すとヘルニアを起こす可能性があります。しっかりと発情抑制をしていきましょう

[2015年8月22日(土)]
テーマ: 小鳥大好き | ジャンル: ペット