なぜあなたの鳥は太ってしまうのか?Part④

なぜあなたの鳥は太ってしまうのか?Part①
なぜあなたの鳥は太ってしまうのか?Part②
なぜあなたの鳥は太ってしまうのか?Part③

肥満とストレスの関係とは?

ストレス耐性を下げている原因について、分かりやすくまとめてみましょう。

1、自律神経の乱れ
人工的な生活時間の延長は、交感神経が優位になる時間を延長させるため、自律神経が乱れる原因となります。また、ちょっとでも寒ければ暖房、ちょっとでも暑ければ冷房で快適な温度で生活していると自律神経の働きを弱らせてしまっています。身体の恒常性を保とうとしなくても、環境の温度を調整することによって、自律神経が働かなくてもよくしてしまっているのです。飼い鳥が温度変化に弱い原因は、ここにあります。

2、ストレッサーの減少
「良いストレスは身体に必要」というのを聞いたことが無いでしょうか?これは、適度にストレッサーを受け続けることで、そのストレッサーに対して抵抗力がつくということです。ストレス反応というのは、実は身体を守るためにあるのです。それが過剰にあると害になるわけです。ストレッサーが少なければ、ストレッサーに弱くなる。つまりストレス耐性が下がるわけです。

これらのストレス耐性が下がってしまう原因に加え、強いフラストレーションを抱えさせることとなっています。フラストレーションの原因をまとめてみましょう。

1、生きる目標と目的の喪失
生物の生きる目標は生き延びることであり、生きる目的は子孫を残すことです。もちろん人間もそうなのですが、人間は本能が壊れているので、意識に常に上がっているのは自己実現欲求であり、子を持つことが生きる最大の目的ではなくなっています。もちろんこれは社会情勢によって異なりますが、日本人は特に自己実現欲求が強い人種だといえるでしょう。鳥本来の生きる目標と目的を奪うことは、本来やるべきタスクを奪い、そして発情期の延長を促し、それが結果としてフラストレーションを引き起こします。

2、コントロールされた生活
野生における自由はあるが安全ではない状況には、選択自由があります。安全ではあっても選択の自由のない、人間にコントロールされた生活は、フラストレーションの連続となります。

このようにストレス耐性が下がり、フラストレーションによって、日々ストレスを感じる生活を送っています。それではストレスがなぜ肥満の原因になるか説明していきましょう。

1、閾値を越えるストレッサーがあると、脳の視床下部からCRH(副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン)が分泌されます。CRHは下垂体前葉に作用し、ACTH(副腎皮質刺激ホルモン)を分泌させます。ACTHは副腎皮質に作用し、コルチゾールを分泌させます。

2、コルチゾールには、血糖値の上昇、脂肪の蓄積、血圧上昇などの作用があります。過剰に分泌されると、食欲が増進し、脂肪の蓄積が進行して肥満することとなります。またコルチゾールは、甲状腺ホルモンの分泌も低下させるため、代謝が悪くなり肥満に繋がります。また免疫が抑制され、感染を受けやすくなったりもします。

3、CRHは、交感神経に作用しノルアドレナリンを分泌させます。これによって副腎髄質が刺激を受け、アドレナリンとノルアドレナリンが分泌されます。アドレナリンとノルアドレナリンは血管を収縮させるため、末梢の血液循環が低下して代謝が下がり、肥満に繋がります。

生物が最もストレスと感じるもの、それは飢餓です。食物がない状態は最も命を危険にさらすため、空腹が続くとストレスを強く感じることとなります。よって生物には、「ストレス=飢餓」と認識するメカニズムが備わっています。ストレスを感じると飢餓に耐えられるように、なるべく脂肪を蓄積したり、代謝を低くして蓄えたエネルギーをなるべく使わないようにしたりと、身体が痩せにくい体質に変化してしまうのです。

またこの他にも食欲が増進する理由があります。それはドーパミンの存在です。食べることで脳内でドーパミンが分泌されます。ドーパミンは快楽物質であるため、不快感情を一時的に改善します。よって食べることでフラストレーションによって感じるイライラした不快感情が改善するため、食欲が亢進してしまうのです。またストレスはセロトニンの分泌を低下させます。セロトニンの不足は、満腹中枢の働きを低下させるため食欲が亢進する原因となります。

このような機序により、ストレスによって食欲が亢進し、代謝が低下することによって肥満が起こってしまうのです。

次回は、肥満対策について解説していきます。

なぜあなたの鳥は太ってしまうのか?Part⑤
テーマ: 小鳥大好き | ジャンル: ペット