きぃちゃん@セキセイインコ

手術を受けたセキセイインコのきぃちゃんのご紹介です。

きぃちゃんは、5歳10ヶ月の男の子です。7月に来院された特に、ろう膜の茶色化と精巣の変形、メガバクテリア症が見つかりました。精巣は小さくてもろう膜が茶色い場合は、すでに腫瘍化している可能性が高いため、手術を検討することとなりましたが、まずは肥満の改善とメガバクテリア症の治療を行ないました。脂肪が減少し、メガバクテリア症の治療が終了したため、精巣が大きくなる前に、手術を行なうことになりました。

手術は、まずお腹をT字切開にて開腹しました。次に腸を除けて精巣を確認したところ、左の精巣が腫瘍化しているのが分かりました。精巣の靭帯を確認して止血クリップを掛け、次に漿膜にレーザーメスで穴をあけて、内部を超音波乳化吸引装置にて除去しました。そして靭帯をレーザーメスで切断して、再び止血クリップを掛けて切断することを繰り返して、精巣を摘出しました。右の精巣は正常でしたが、こちらも同手技にて摘出し、無事手術は成功しました

IMG_3184.jpg

退院時のきぃちゃんです。精巣が取れて良かったね今後再発しないかどうか、定期的にチェックしていきましょう
テーマ: 小鳥大好き | ジャンル: ペット