ラムネちゃん@セキセイインコ

手術を受けたセキセイインコのラムネちゃんのご紹介です。

ラムネちゃんは、3歳2ヶ月の男の子です。福岡県から来院されました。11月初めからお腹が大きくなり、近医で検査をしたところ、精巣腫瘍であることが分かりました。精巣腫瘍の手術は、当院でしかできないため、紹介され来院しました。レントゲン検査と超音波検査をしたところ、嚢胞形成のある精巣腫瘍であることが分かりました。手術を希望されたため、そのまま入院し手術を行ないました。

手術は、まずお腹をT字切開にて開腹しました。お腹の中を確認したところ、左の精巣が腫瘍化していました。嚢胞を穿刺して液体を除去しました。次に精巣靭帯に止血クリップを掛けて血流を遮断し、実質性部分の腫瘍を超音波乳化吸引装置にて吸い取りました。そして結紮した部分の靭帯をレーザーメスで切断し、再びフリップを掛けることを繰り返し、左精巣を摘出しました。右の精巣はゴマほど大きさでしたが、念のため摘出し、手術は無事成功しました。

IMG_3303.jpg

退院時のラムネちゃんです。お腹が楽になって良かったね遠いところからの来院でしたが、飼い主さんの”治してあげたい”と言う強い思いが、ラムネちゃんの強い生命力を生み出したのかもしれませんね
テーマ: 小鳥大好き | ジャンル: ペット