マルシャンちゃん@ウサギ

手術を受けたウサギのマルシャンちゃんのご紹介です。

マルシャンちゃんは、5歳1ヶ月の女の子です。2週間前より血尿があるとのことで来院しました。診てみるとお腹の中にしこりができており、検査の結果子宮腫瘍と診断し、手術を行なうことになりました。

手術は、まず腹部を正中切開にて開腹し子宮を確認したところ、小児拳大のしこりができていました。卵巣靭帯と子宮間膜をレーザーメスにて凝固切断し、子宮体部を結紮して子宮を摘出しました。そして閉腹し、無事手術は成功しました

IMG_4720.jpg

退院時のマルシャンちゃんです。お腹が楽になって良かったね傷が治るまで安静にしててくださいね