ピー子ちゃん@セキセイインコ

手術を受けたセキセイインコのピー子ちゃんのご紹介です。

ピー子ちゃんは、4歳2ヶ月の女の子です。1年前からお腹が大きいとのことで来院しました。診てみると、お腹に腹壁ヘルニアができていました。検査をしてみるみると、ヘルニア内に嚢胞があり、卵巣嚢腫も併発していました。ヘルニア、卵巣嚢腫ともに治すため、手術を行なうことになりました。

手術は、まずヘルニア部の皮膚をX字切開し、剥離しました。次にヘルニア嚢を切開し、卵巣嚢腫を確認しました。嚢腫は多数ありましたので、嚢腫内の水を除去し、そして嚢腫の茎に止血クリップを掛けて、切断して除去しました。次に卵管を摘出し、腸をお腹に戻しました。卵巣嚢腫の再発の恐れがあるため、ヘルニア輪は閉鎖しませんでした。そして皮膚を整形して、無事手術は成功しました

IMG_6599_20160715214550366.jpg

退院時のピー子ちゃんです。お腹が戻って良かったね今後発情すると卵巣嚢腫が再発することもあるので、生活に気をつけていきましょう
テーマ: 小鳥大好き | ジャンル: ペット