マルコちゃん@オカメインコ

手術を受けたオカメインコのマルコちゃんのご紹介です。

マルコちゃんは、1歳10ヶ月の男の子です。7月12日に逃げてしまい、18日に保護されましたが、左足が骨折しているとのことで来院しました。診てみると、左の脛部がかなり腫れており、内出血していました。また骨が一部飛び出しており、複雑骨折を起こしていました。このままでは曲がってしまうため、手術で治すことになりました。

28564-1_160719_TEST_0001_CV17229254.jpg
マルコちゃんのレントゲン写真です。左の脛足根骨が骨折しているのが分かります。

手術は、まず骨折部の皮膚を切開し、次に筋肉を剥離して、骨折端を露出しました。そして骨髄内にピンを挿入して、踵側に貫通させました。次に骨折端を合わせて、ピンを膝側に押し込んで固定し、無事手術は成功しました

28564-1_160719_TEST_0000_CV17229254.jpg
術後のレントゲン写真です。骨の中にピンが入り、骨が真っ直ぐになっているのが分かります。

IMG_6801.jpg

退院時のマルコちゃんです。骨が真っ直ぐに戻って良かったね今回、筋組織の障害がひどいので、そのくらい脚力がもどるかがまだ分かりません。しっかりと経過を見ていきましょう
テーマ: 小鳥大好き | ジャンル: ペット