杏子ちゃん@ボタンインコ

手術を受けたボタンインコの杏子ちゃんのご紹介です。

杏子ちゃんは、4歳1ヶ月の女の子です。便が出ないとのことで来院しました。診てみると、お腹が張っており、検査により卵管蓄卵材症と腹膜炎が疑われたため、手術を行うことになりました。

手術は、まずお腹を逆L字切開にて開腹しました。お腹の中を確認したところ、腹膜炎がひどく、卵管が腹壁に癒着してしまっていました。卵管は取れないと判断し、卵管を切って卵管内の卵材を摘出しました。お腹の中をよく洗浄して、縫合し終了としました。

IMG_6893.jpg

退院時の杏子ちゃんです。お腹が楽になって良かったね卵管が残っているので、今後発情すると再発する可能性があります。しっかりと発情抑制していきましょう
テーマ: 小鳥大好き | ジャンル: ペット