ハトちゃん@ドバト

手術を受けたドバトのはとちゃんのご紹介です。

はとちゃんは、1歳半以上の女の子です。1週間前から食欲元気が無いとのことで来院しました。診てみるとお腹が張っており、レントゲン検査と超音波検査にて、卵管内に卵材が大量に入っているのが確認されました。卵管蓄卵材症と診断し、手術を行うことになりました。

手術は、まずお腹を逆L切開にて開腹しました。次に卵管を切開し、内部の卵材を除去しました。そして卵管間膜を凝固切断し、卵管を摘出して、手術は無事成功しました

IMG_7009.jpg

退院時のハトちゃんです。呼吸が楽になって良かったね食欲もすぐに回復しましたので、傷の治りを待ちましょう
テーマ: 小鳥大好き | ジャンル: ペット