ゴン太ちゃん@セキセイインコ

手術を受けたセキセイインコのゴン太ちゃんのご紹介です。

ゴン太ちゃんは、4歳6ヶ月の男の子です。1年前からろう膜が茶色になり、1ヶ月前からお腹が大きいとのことで来院しました。診てみると、お腹がかなり張っており、呼吸が苦しい状態でした。検査により精巣が腫瘍化しているのが見つかりました。リスクが高い病態でしたが、飼い主さんと相談し手術を行なうことになりました。

手術は、まず腹壁をT字切開にて開腹しました。お腹の中を確認したところ、腫瘍の漿膜面に血流が無く、腹壁に癒着していました。摘出できないと判断し、減量するため腫瘍を切開したところ、内部が壊死しているのが見つかりました。壊死物を出来る限り除去し、取れる分だけ腫瘍を切除して、手術終了としました

IMG_8622.jpg

退院時のゴン太ちゃんです。今回は取れる状態ではありませんでしたが、お腹が楽になったため、QOLの向上に繋がったと思います。今後、しっかりとケアしながら経過を見ていきましょう
テーマ: 小鳥大好き | ジャンル: ペット