とんがりちゃん@オカメインコ

手術を受けたオカメインコのとんがりちゃんのご紹介です。

とんがりちゃんは、4歳10ヶ月の女の子です。1ヶ月ほど前からお腹が大きいとのことで来院しました。診てみるとお腹が張っており、呼吸が苦しい状態でした。検査をしてみると、腹水が溜まっており、卵巣または卵管に腫瘍ができているのが分かりました。腫瘍性腹水を疑い、手術を行なうことになりました。

手術は、まずお腹を逆L字切開にて開腹しました。お腹の中を確認すると、腹膜炎を起こしていました。腸の漿膜が硬くなり、腹壁に癒着していました。腹水を除去して腫瘍を確認すると、卵管内にできた腫瘍が卵管采から飛び出していました。腫瘍を摘出し、お腹の中を洗浄して、手術は無事成功しました

IMG_8775_2016110621534068b.jpg

退院時のとんがりちゃんです。お腹が楽になって良かったね今後も再発しないか、しっかりと経過を見ていきましょう
テーマ: 小鳥大好き | ジャンル: ペット