キィちゃん@セキセイインコ

手術を受けたセキセイインコのキィちゃんのご紹介です。

キィちゃんは、4歳6ヶ月の女の子です。2月頃からお腹が大きくなり、近医にて治療をしていましたが、良くならないためセカンドオピニオンで来院しました。診てみるとお腹は腹壁ヘルニアを起こしており、お腹の中に嚢胞ができていました。嚢胞は卵巣嚢腫の疑いがありました。飼い主さんと相談し、手術を行なうことになりました。

手術は、まずお腹をX字切開にて切皮しました。次に皮膚を剥離して、ヘルニア嚢を露出しました。この時点で腸がヘルニア嚢に癒着しているのが分かりました。腸を避けてヘルニア嚢を切開したところ、卵巣に嚢腫ができてるのが見つかりました。嚢腫内の治療液を除去しましたが、癒着がひどく摘出することはできませんでした。嚢腫を摘出することができなかったため、断裂した腹筋は縫合せず、ヘルニア嚢を縫合して皮膚を整形し、手術を終了としました。

DSC00539.jpg

退院時のキィちゃんです。今回は治せる状態ではありませんでしたが、お腹はなかり楽になったと思います。今後しっかりと経過を見ていきましょう
テーマ: 小鳥大好き | ジャンル: ペット