セナちゃん@ブンチョウ

手術を受けたブンチョウのセナちゃんのご紹介です。

セナちゃんは、4歳の女の子です。昨夜から脚力が弱いとのことで来院しました。診てみると、お腹に卵があるのが見つかりました。卵塞症と判断し、圧迫排出を試みましたが、産卵経路が全く弛緩しませんでした。圧迫による排出は不可能と判断し、手術を行なうことになりました。

手術は、まずお腹を逆L字切開して開腹しました。次に卵が停滞している部分の卵管を切開し、卵を取り出しました。そして卵管を摘出して、手術は無事成功しました

DSC01026.jpg

退院時のセナちゃんです。お腹が楽になって良かったね今後も発情しないよう生活に気をつけていきましょう
テーマ: 小鳥大好き | ジャンル: ペット