ぴぃたんちゃん@セキセイインコ

手術を受けたセキセイインコのぴぃたんちゃんのご紹介です。

ぴぃたんちゃんは、6歳11ヶ月の女の子です。広島県から来院しました。昨年の初めにお腹が大きくなり、1週間前から左足が動かないとのことで来院しました。診てみるとお腹は腹壁ヘルニアを起こしていました。ヘルニアの手術を希望されたため、手術を行なうことになりました。

手術は、まずお腹の皮膚をX字切開して剥離しました。ヘルニアが下腹部にあるため、腹部正中のヘルニアを疑っていましたが、右側腹部のヘルニアであることが分かりました。このヘルニア輪からでは卵管が摘出できないため、腹筋を逆L字に切開し、卵管を摘出しました。この時に左の腎臓が腫れているのが見つかりました。脚の麻痺は腎腫大の影響が疑われました。次にお腹の中へ腸を戻してヘルニア輪を閉鎖しました。その後腹筋を縫合後皮膚を整形し、手術は無事成功しました


DSC01251.jpg

退院時のぴぃたんちゃんです。お腹が戻ってよかったね今後は、腎臓の経過を見ていくことにしましょう
テーマ: 小鳥大好き | ジャンル: ペット