タマちゃん@セキセイインコ

手術を受けたセキセイインコのタマちゃんのご紹介です。

タマちゃんは、6歳9ヶ月の男の子です。半年前からろう膜が茶色くなり、メスの交尾受容姿勢を取るようになりました。1週間前からお腹が大きいとのことで来院しました。診てみると、お腹が張っており、検査により精巣腫瘍であることが分かりました。摘出を試みるため、手術を行なうことになりました。

手術は、まずお腹をT字切開して開腹しました。お腹の中を確認したところ、左の精巣が腫瘍化していました。一部嚢胞化していたため、穿刺して水を除去しました。次に腫瘍の漿膜にレーザーメスで穴をあけ、内部を超音波乳化吸引装置にて腫瘍を吸い出しました。そして靭帯を止血クリップで結紮して切除を試みましたが、奥に癒着が見つかったため、全摘出は困難と判断しました。腫瘍をできるだけ除去し、その後止血剤で止血して手術終了としました。

DSC01501.jpg

退院時のタマちゃんです。今回は、全摘出がかないませんでしたが、腫瘍を減量できましたので、かなりお腹が楽になったと思います。今後また成長してくると思いますので、しっかりと経過を見ていきましょう
テーマ: 小鳥大好き | ジャンル: ペット