FC2ブログ

ぽぽちゃん@セキセイインコ

セkセイインコのポポちゃんのご紹介です。

ぽぽちゃんは、2歳11ヶ月の女の子です。2ヶ月前よりお腹が張っており、近医にて水が貯まっていると言われ、針を刺して水を抜いていました。しかし針を刺しても抜けなくなってきたため、手術を検討するため当院へセカインドオピニオンのために来院しました。

ぽぽちゃんは何の検査も受けていなかったため、すぐにレントゲン検査と超音波検査を行いました。

ぽぽちゃん@レントゲン

ぽぽちゃんのレントゲン画像です。造影撮影で、頭が左側です。腸が下に押されて、背中側に何か大きな物ができているのが分かります。

ぽぽちゃん@エコー

ぽぽちゃんの超音波画像です。多数の嚢胞ができているのが分かります。

検査結果から卵巣または卵管腫瘍が疑われました。お腹を切ってみないと取れるかどうかは分かりませんでしたが、飼い主さんとの相談により手術で取れるかどうかをみることになりました。

お腹を切ってみると、嚢胞は腫瘍はブドウの房状になっており、卵巣腫瘍であることが分かりました。嚢胞を1つずつ刺して中の水を抜きながら小さくしていったところ、周囲との癒着も無く、卵巣から切り離せると判断しました。腫瘍への血管を全て止血クリップで止めて、レーザーメスで切断し無事手術は成功しました!

ぽぽちゃん@セキセイ

退院時のぽぽちゃんです。術後はぐったりしていましたが、すぐに元気を取り戻し食欲もバッチリです!

セキセイインコには卵巣腫瘍や卵管腫瘍がすごく多くみられます。嚢胞状になり中に水が貯まっている場合は、刺して水を抜くこともできますが、根本的な対処にはなりません。高齢ではなく、体力があるようでしたら外科的に取れることもありますので、諦めないで下さい。また検査をせずに水だろうと言うことでお腹に針を刺す病院もあります。極めて危険な行為ですので、必ず検査をした上で処置を受けるようにして下さい。

[2012年2月3日(金)]
テーマ: 小鳥大好き | ジャンル: ペット