シナモンちゃん@ブンチョウ

手術を受けたブンチョウのシナモンちゃんのご紹介です。

シナモンちゃんは、5歳の女の子です。去年の11月中旬より左脚が紫色になっているとのことで来院しました。診てみるとかかと部からふしょ部にかけて無い出血を起こして腫れていました。腫瘍の疑いがあり、経過を見ていましたが、つついて出血しだしてしまったため、手術を行なうことになりました。

手術は、まず膝周囲の皮膚を切開し、脚の筋肉を露出しました。大腿部の筋肉を半導体レーザーメスにて凝固切断し、大腿骨を露出しました。次に炭酸ガスレーザーメスにて、大腿骨を切断しました。その後、骨の断端を筋肉で包み込んで縫合し、手術は無事成功しました

DSC01956.jpg

退院時のシナモンちゃんです。片脚にはなってしまいましたが、鳥さんは将来を悲観することはありません。生活に慣れるまで、しっかりとサポートしていきましょう
テーマ: 小鳥大好き | ジャンル: ペット