はるちゃん@ウサギ

手術を受けたウサギのはるちゃんのご紹介です。

はるちゃんは、8歳1ヶ月の女の子です。尿量が多いとのことで来院しました。診てみると、尿が周囲にかかってしまい、陰部周囲から内股にかけて尿ヤケを起こしていました。お腹を触ってみると子宮に大きなしこりがみつかりました。子宮腫瘍の疑いがあるため、手術を行なうことになりました。

手術は、まず腹部正中切開にて開腹し、子宮を確認したところ、左右子宮角に腫瘍ができているのが見つかりました。まず右の卵巣の靭帯と動静脈を半導体レーザーメスで切断しました。次に子宮間膜もレーザーメスで切断しました。左側も同手技にて切断し、その後子宮体部を結紮して卵巣と子宮を摘出し、無事手術は成功しました

DSC02030.jpg

退院時のはるちゃんです。腫瘍が取れてよかったね今後尿量が減ってくるか、経過を見ていきましょう

テーマ: 小鳥大好き | ジャンル: ペット