チロルちゃん@オカメインコ

手術を受けたオカメインコのチロルちゃんのご紹介です。

チロルちゃんは、9歳7ヶ月の女の子です。高脂血症の治療で通院していましたが、突然お腹が大きくなり、呼吸が苦しくなってしまいました。レントゲン検査と超音波検査を行ってみると、腹水が溜まっており、卵巣又は卵管に腫瘍ができれいるのが見つかりました。摘出を試みて手術を行なうことになりました。

手術は、まずお腹を逆L字切開にて開腹しました。腹水を除去して腹腔内を確認してみると、卵管内に腫瘍が出来ていました。腫瘍がある部分の卵管を切開し、腫瘍を切除しました。次に卵管を摘出して、手術は無事成功しました

DSC03256.jpg

退院時のチロルちゃんです。呼吸が楽になって良かったね発症には発情が影響している可能性が高いため、今後も生活に気をつけてくださいね
テーマ: 小鳥大好き | ジャンル: ペット