サシャちゃん@オカメインコ

手術を受けたオカメインコのサシャちゃんのご紹介です。

サシャちゃんは、2ヶ月齢の若鳥です。北海道から来院しました。不慮の事故で翼が折れてしまい、近医を受診したところ、右の上腕骨が骨折していました。手術はできないとのことでテーピングによる治療を提案されましたが、曲がってしまうのが心配なため、当院へ来院しました。診てみると、右の上腕骨が粉砕骨折していました。このままでは、骨がズレてしまうため、手術で治すことになりました。

29337-1_170515_TEST_0001_CV17229254.jpg
こちらが、サシャちゃんのレントゲン写真です。右の上腕骨が折れてしまって、骨片が出ているのが分かります。

手術は、まず骨折部の皮膚と筋肉を切開し、骨折端の両側を露出しました。そしてピンを肩側に貫通させました。次に骨折端を合わせて、ピンを肘側に押し込んで、骨を真っ直ぐに接ぎました。その後皮膚を縫合して、手術は無事成功しました

29337-1_170515_TEST_0000_CV17229254.jpg
手術後のレントゲン写真です。骨の中にピンが入り、骨が真っ直ぐになっているのが分かります。骨片も時間と共に連続性が出てきます。

DSC03932.jpg

退院時のサシャちゃんです。骨が真っ直ぐに戻って良かったね安静にして骨が治るのを待ちましょう

テーマ: 小鳥大好き | ジャンル: ペット