ぴいちゃん@セキセイインコ

手術を行ったセキセイインコのぴいちゃんのご紹介です。

ミントちゃんは、6歳5ヶ月の女の子です。以前に腹壁ヘルニアの手術を受けたことがあります。太ってしまったため、ダイエットをして経過をみていましたが、急にお腹が張ってきました。レントゲン検査と超音波検査を行ったところ、お腹の中に嚢胞ができているのが見つかりました。検査結果から卵巣腫瘍が疑われました。取れるものかどうか見るため、試験開腹手術を行なうことになりました。

手術は、まずお腹の皮膚と腹筋を逆L字切開しました。次に肝後中隔を切開しようとしましたが、腸と腫瘍が癒着しているのが見つかりました。この状態では腫瘍は取れないと判断し、嚢胞を穿刺して貯留液を除去し、腫瘤部分の漿膜を焼烙して、手術終了としました。

DSC03968.jpg

退院時のぴいちゃんです。お腹は少し楽になったと思いますが、今後また大きくなってくると思います。継続して治療を行っていきましょう
テーマ: 小鳥大好き | ジャンル: ペット