ケンちゃん@コバタン

手術を受けたコバタンのケンちゃんのご紹介です。

ケンちゃんは、36歳10ヶ月の女の子です。広島県から来院しました。4月にお腹が大きいことに気づき、近医にて診察を受けたところ、腹壁ヘルニアと診断されました。手術をするのであれば、当院で行ないたいとのことで、紹介され来院しました。診てみると、腹壁ヘルニアを起こしており、押すとすんなりとお腹に戻る状態でした。進行してからでは、手術のリスクが高くなるため、手術で治すことになりました。

手術は、まずお腹をX字切開にて切皮しました。次に皮膚を剥離して、ヘルニア嚢を露出しました。次にヘルニア嚢を腹腔内に押し戻し、ヘルニア輪を縫合して閉鎖しました。その後皮膚を整形して縫合し、手術は無事成功しました

DSC04248.jpg

退院時のケンちゃんです。お腹が戻って良かったね発情が続くと再発する可能性があるので、食事量に気をつけて発情抑制していきましょう
テーマ: 小鳥大好き | ジャンル: ペット