チェリーちゃん@オカメインコ

手術を受けたオカメインコのチェリーちゃんのご紹介です。

チェリーちゃんは、6歳の女の子です。排便がし難く、お腹が大きいとのことで来院しました。診てみるとお腹がかなり張っており、痩せてしまっていました。検査をしてみると、卵管内に卵材が溜まってるのが分かりました。卵管蓄卵材症と診断し、手術を行なうことになりました。

手術は、まずお腹を逆L字切開にて開腹しました。次に卵管を切開し、卵材を除去しました。その後卵管を摘出して、手術を無事成功しました

DSC04814.jpg

退院時のチェリーちゃんです。お腹が楽になって良かったね卵巣は残っていますので発情はします。今後も発情しないように気をつけていきましょう
テーマ: 小鳥大好き | ジャンル: ペット