青ちゃん@セキセイインコ

手術を受けたセキセイインコの青ちゃんのご紹介です。

青ちゃんは、8歳の男の子です。昨年4月からろう膜が茶色になり、近医にて治療を受けていました。1週間前に急にお腹が大きくなり、当院を紹介され来院しました。診てみると腹水が溜まっており、検査により精巣腫瘍であることが分かりました。リスクの高い状態でしたが、飼い主さんが手術を希望されたため、行なうことになりました。

手術は、まず腹壁をT字切開にて開腹しました。腹水を除去し、腸を除けて精巣を確認したところ、左の精巣が腫瘍化していました。腫瘍の状態を確認したところ、背部が完全に癒着し、摘出できない状態であることが分かりました。腫瘍への血流を遮断できなければ、減量手術も危険なため、レーザーメスで腫瘍の漿膜に穴を空ける処置のみ行い、手術終了としました。

DSC05210.jpg

退院時の青ちゃんです。腫瘍に穴を空けることによって、一時的に腫瘍が縮小することが多いです。今のところ腹水が溜まってこないため、徐々に元気が出てくると思いますので、経過を見ていきましょう
テーマ: 小鳥大好き | ジャンル: ペット