FC2ブログ

ピーコちゃん@オカメインコ

手術を受けたセキセイインコのピーコちゃんのご紹介です。

ピーコちゃんは、2歳8ヶ月の女の子です。4月ごろからお腹が大きいとのことで来院しました。診てみると重度の腹壁ヘルニアを起こしており、下に引きずるほど大きくなっていました。検査をしてみると、卵管内に大量に卵材が停滞し、卵管蓄卵材症を起こしていました。お腹を整復するため、手術を行なうことになりました。

手術は、まずお腹の皮膚をX字切開して剥離しました。次にヘルニア嚢を切開し、大量に卵材が入った卵管を摘出しました。そして腸をお腹の中に戻し、ヘルニアを整形して、手術は無事成功しました

DSC06100.jpg

退院時のピーコちゃんです。お腹が戻って良かったね今後も発情しないよう生活に気をつけていきましょう
テーマ: 小鳥大好き | ジャンル: ペット